日々雑感

アクセスカウンタ

zoom RSS HV特集 この国を見つめて「新在日外国人」

<<   作成日時 : 2007/05/03 16:52   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

玄真行・・・・映像作家・在日韓国人2世


自らの意思で日本に渡り、日本人の中で暮らす外国人たち。
彼らの意識に写る”日本”とは・・・・
玄真行が、韓国人・フランス人・ドイツ人・中国人・イラン人・
バングラディッシュ人と訪ね、彼らの言葉・国籍・故郷など
を語り合う。


玄氏の両親は在日1世だ。自らの意思でなく”日本”に
やってきて、玄氏は小・中・高・大学と日本語での教育を受けた。
国籍は「韓国」で、パスポートにも韓国名が記されている。
だが、彼は韓国語が出来ない。


彼の仕事の後輩=ジョン・ヨン・スンは韓国人で、日本で映像の
仕事に携わっている。
ジョンにとって韓国で映像の仕事をする事よりも、大変でも
他国で仕事をする事のほうが面白い・・・・そう考えて日本で
仕事をしているのだそうだ。
最初ジョンにとって、在日韓国人にどう接したら良いのか、
わからなかったし、玄氏のパスポートの韓国名にも驚いたそうだ。
日本で暮していても「日本人」にはならない。


韓国で兵役を終えたイ・カンホ氏は、日本で働きながら
大学を卒業し、韓国人の妻、チェ・ミスクと子供2人と
住宅ローンを組んで購入したマイホームで暮している。
長女は日本人の学校へ通学していて、好きな科目は
「国語」だ。
夫妻は日本人にはならないけれど、子供は日本人として
生きるのだろうと思っている。


アーサー・ビナード氏は日本語で詩を綴り、中原中也賞を
受賞した。彼の国籍はアメリカで、何故帰化しないかと言うと
「選挙権を失いたくないからだ」・・・・世界の中で困った国・・・・
アメリカの国政に眼を離さないようにしたいという思いからだ。
彼は「美しい国」という政治家のことも語っていた。
とても率直な意見だと思う。


フランス人のエチエンヌ・バラ−ル氏は在日20年。
ジャーナリストで、著書に「オタク・ジャポニカ、仮想現実の人間」
などがある。
「オタク」に対して悪い感情もないし、良い感情も持っていない。
彼は”クール・ジャパン”というテーマで記事を書いている。
在日フランス人の会の世話人もしている。
その会では日本の政治についても会話が交わされる。
「自分が選んだ人が間違っていた時には、選んだ人間も
責任があるのに、日本人にはまだその意識は育ってない」
と語る女性もいる。
税金を納めているのだから、自分たちも選挙権が欲しい。
永住権を持っていれば、選挙権を認めて欲しい。


ドイツ人、イムケ・K・レンツ氏は子供と2人暮しの
シングルマザーだ。大学でドイツ語を教えている。
子供の父親はイギリス人だが、現在は離れて暮している。
彼女は「今のところ、一番安全で暮しやすい国だから」
日本で暮している。
(電車が遅れない、治安が良い、日曜でも買い物ができる)
将来も安全な限りは暮したいが、先の事はわからない・・・
子供の教育の事もある。
人種の違いや容姿の事でいじめにあうことも心配だ。


イラン人ナディ・・・・彼女は日本で育ち、日本語も達者だ。
アルバイトの履歴書も日本語で記入している。
大学を卒業したら、日本で就職したいと思っている。
帰化するのは日本で育った自分には「自然な事」だから。
”イラン人系日本人」になりたい、・・・・でも母親は
祖国にいる家族(母親・兄弟)に会いたいし、帰りたい。
出稼ぎにやってきた日本での生活は、つらいものだった。
でも子供を育てるには「日本」がいい、その思いで
これまでやってきたのだ。
ナディは両親の頑張りを見てきたから、これからしっかり働いて
親孝行をしたいと思っている。


バングラディッシュ人・・・日本人との妻との間に子供がいる事から
帰化を考えている。
妻や子供が日本人だから、もう故郷には帰れないと考えている。
帰っても意味がないと・・・でも残した家族には送金を欠かさない。
彼の子供はもう「日本人」だと思うと語る。


中国人・・・・コー・チェン、カメラマン。著書「チャイニーズ・レンズ」
18年前に大学で勉強する為、来日した。
大学卒業間近の病気入院で、「日本」に対する興味を感じ、
18年間日本で暮し続けている。
中国に帰るたび、街は変わり、人の心のあり様も変化している
ような気がする。
日本では”外国人”として見られ、どっちつかずの自分を感じる。
仕事の関係上、帰化も考え相談にいったが、
「あなたの場合はすぐに許可が取れます」といわれ、
結局そのままになっている。自分の祖国の中国が嫌いな訳がない。
長年住んでいる日本にも情を感じている。
でも、今後何年か先には、他国で新たに勉強を始めたいと
思っている。


玄氏と友人たちの飲み屋での会話
ジョン「結局パスポートが欲しいという玄さんは
    逃げだしたいだけなんじゃないんですか?
    パスポートじゃないでしょう?」
玄「日本語しかできない、日本で育ったのに国籍は
  韓国で、不自然だから日本のパスポートが欲しいと
  思ったんだよ・・・・・・」


ジョンの言ってることは間違ってはいないけど
玄氏の感情はもっと複雑で混沌としているのだろう。
「バカチョンカメラ」・・・・が朝鮮人を差別した言葉だったと知った
玄氏は、2度とその言葉を使わなかったと言う。
私もそんな意味があるとは知らなかった。
インスタントカメラと言っていたような記憶があるが。
在日の人達が差別されたことなどを耳にすると、胸が詰まる。
韓国や北朝鮮に関連したニュースが流れる度、心無い人達の
差別行動や発言が起こる事にも申し訳ない気持ちを感じている。


もし自分がそんな状態に、立場に置かれたら・・・・
そんなふうに考えると簡単に言葉や行動を起こしたりしないと
思うのだけど・・・・これも想像力の欠如なのか。


日本に生まれ、日本人で日本語教育を受けた私だが
生まれた時から引越しが多く、生まれは鹿児島、育ったのは
広島・・・でもその間もその後も移動が多く、自分の故郷は
一体何処なんだろうと考えることがある。
育った場所での年数を越え、関西での暮しも長くなった、
でもいつまでたってもよそ者の気分が拭えない。
「流浪の民」の気分が心の底にはいつもあるようだ。
兄弟たちはそんな感情はないようだが、私の中では
時折、顔を出す。


私のこんな感情と同じには決して捉えられないけど
中国人のコー・チェン氏はもっと寂寥感が深いんだろうか。
彼女の表情が時々泣き出してしまいそうに見えるのは
気のせいだろうか。


今回のテーマはとても重い。
明るく「イラン人系日本人」に・・・・と語るナディが失望しない、
彼女や他の在日外国人が幸せに生きて行ける、
そんな開かれた国「日本」になって行く事を
心から望みたいと思う。 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
1958年生まれでご両親は韓国済州島出身。で自らの意思ではなく日本に来たとは?
どんな状況かわかりません。ぜひ教えていただきたいです。
まさか日本軍による強制連行とか言いませんよね?年代・年齢的に合わないし^^
済州島事件(4.3虐殺)の難民(不法入国)でしょうか、それだったらある意味自らの意思だし
じょー
2010/10/13 00:21
じょーさん、この番組を観たのは3年前のことなので、
私の記憶も薄れています。どうして日本に来たのか?
という状況は詳しく触れられていなかったように
思います。何人かの方を取上げたものだったし、
時間的にも制限があったから。
はっきりとお答えできなくてすみません。
かんすけ
2010/10/13 01:20

コメントする help

ニックネーム
本 文
HV特集 この国を見つめて「新在日外国人」 日々雑感/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる